ここでは弊社事業内容として、越境EC支援事業(海外向けEC支援事業)、海外向けブログメディア運営について紹介させて頂きます。

 
 

越境EC支援事業

 
【2015年1月23日追記】 現在はお申込多数につき、受付を停止しております。

景気の低迷や、少子高齢化が際立つ日本において、業種問わずビジネスの機会を広く世界に求めることは今後一層重要となってくるでしょう。

しかしその際、「日本での販路はあるけれど、海外となるとサッパリ。。。」という方は多いのではないでしょうか。

どこにどうアクションをすればいいのか、またどんな品が売れるのか、そしてもっと根本的な問題として言葉の問題はいかんともしがたい、というお声が画面を通じて聞こえてきそうでもあります。
外国向けに販売するという場合、規模の大きな企業であれば海外にオフィスを設けたり、店舗を構えることも可能ですが、初期コストは膨大ですし、リスクも高い。

そこで弊社がご提案するのは、お金をかけずにまずは日本にいながらにして海外向けに販売してみる(=越境EC)、という方法です。

日本では、モールを含めたネット通販市場が急拡大し、実質無店舗で売上げを上げているお店が多々出現しています。

海外向けでも同じことが行え、以下、最初のステップ足り得る販売方法をご提案させて頂きます。

■モール出品
eBay(イーベイ)という言葉をお聞きになったことはありますか?

eBayとは世界190の国と地域で1.7億人以上が利用する、グローバルなマーケットプレイスです。日本のオークションサイトの世界版と考えるとイメージがわきやすいでしょう。

eBayでは一日あたり300万点以上の商品が落札されており、日本からの参入もそれほど難しくはなく、弊社は以下の3段階で海外向け販売を伸ばしていくことをご提案しております。

【ステップ1】
まずはeBayに出品し、商品に対する反応を見る
   ↓
【ステップ2】
問い合わせや実際の購入など反応が出始めたら、次に多言語での自社ショッピングサイトを構築
   ↓
【ステップ3】
一度に大量の発注が出だした段階で、現地事務所や配送センターの開設を検討

とにかく、「まずは小さく始めて大きく育てる」。

eBayに出品して売れなかったら、どこで売っても売れないと思われます。

モール出店ではなく、いきなり予備知識のないまま外国語でのショッピングサイトを作る、という方がいらっしゃいますが、集客はどうするのでしょうか?

日本であればある程度集客のノウハウを活用できるでしょうし、SEO対策も自力でできてしまうかもしれません。

しかし、海外向けとなると日本のノウハウはそのまま通用しないはずです。

その部分が抜け落ちたまま、高いコストをかけて外国語版のショッピングサイトを立ち上げるのは順序が逆だと言わざるを得ません。

ですので、繰り返しになりますが、既に「集客」が確保されているeBayにてまずは低コストで外国の方々の反応を見てみましょう。

もちろんeBayサイトはすべて外国語(英語、フランス語、ドイツ語など)ですので、商品説明文の翻訳、商品の掲載作業、そしてお客様からの質問にも答え、なおかつ売れた際の配送の手配までするとなると、かなりの労力がかかります。

弊社はその部分のサポートをすべてさせて頂きます。

※弊社はeBay内で「Top Rated Seller(上位セラー)」の認証も受けておりまして、過去にeBayジャパン公式サイト上で、「成功者に聞く」という特集コーナーにてインタビュー記事が掲載されたこともございます。

■サービス内容
1. 商材の簡易調査(eBay上での規約、あるいは輸出上の問題はないかなど)
2. 商品説明文翻訳
3. 出品作業(日本語での商品説明文、商品のお写真はお客様側でご用意下さい)
4. 海外からの質問への対応
5. 購入者への請求書送付
6. 入金確認
7. その他(購入者への評価付け、クレーム処理など)
※海外への発送は弊社から行い、お客様側では弊社までの国内発送となります。

■対応言語
英語
※eBayサイトにはフランス語版、ドイツ語版、イタリア語版など、英語以外に多言語版が用意されており、弊社はそれぞれの言語版での運営代行も場合によって可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。

■料金
お問い合わせ下さい。

【ご注意事項】
(1)弊社所有のeBayストアー上での出品となります。10年以上の運営経験から、お客様はゼロからのスタートではなく、信用の蓄積を獲得できた形での出品が可能になります。
(2)各商品の翻訳(英訳)は300文字までとなります。その他言語の翻訳の場合は別途お見積となります。
(3)商材によってはeBayの販売規約に反するもの、あるいは各国の禁制品に当たる場合もあり、その際はお受けしかねます。
(4)6ヶ月未満のご契約はお受けできません。

■お支払い条件
契約期間(6ヶ月以上)に応じた合計金額を前払いにてお支払い下さいませ。

【参考】専用eBayアカウントでの新規出品、運営代行について
弊社サービスは、基本的に弊社所有のeBayストアーを使い、そこへお客様の商材を掲載させて頂く販売スタイルを採用しております。
お客様専用のeBayアカウントを新規で取得し、その運営のお手伝いをさせて頂く形も物理的には可能でございますが、現在は基本的にお受けしておりません。
と申しますのも、eBay側の規約により、新規セラーの場合は出品制限が課せられるようになりました。具体的には、販売開始当初は月に10点程度、そして販売金額合計が500ドルまでというように制限が課され、運営が軌道に乗るまでかなりの時間がかかるものと予想されます(→弊社ストアーのご利用をお勧めしております)。

専用アカウントでの運営をご希望される場合は、上記サポート内容とは異なってまいりますので、別途お問い合わせ下さいませ。

 
 

海外向けブログメディア運営

 
「1ドルショップ(100円ショップ)で売っている茶碗と、あなたのお店で販売している100ドルの茶碗は、一体何が違うのか?」

数年前のこと、こうした質問がアメリカのお客様から寄せられました。

日本人であれば、著名な焼き物が高額であっても、その価値をある程度理解できます。しかし海外の方はそうではなく、なぜ高いののかという理由を説明する必要があるのだと知りました。

また、日本のある和紙店のスタッフの方が「海外では、とても和紙とは言えないものが和紙(Washi)として売られている」と憤慨しておられ、また別の光景として、外国に行けば日本人からすればとても寿司とは言えないようなものが、あたかも日本のSushiとして並んでいる、という話も時々耳にします。

こうした出来事がきっかけとなり、日本の商品の背景、つまり歴史や使われている技術などを解説するブログメディアを別途立ち上げ、サイトの中で「日本の商品の使い方」、「日本ではこういう慣習がある」、「こうしたサービスがいま日本で人気」などというようなリアルな日本の情報発信を始めました。

そこで、海外にPRしたい御社商品、サービスがございましたら当ブログメディア上で紹介させて頂きます。日本語説明とお写真は御社側でご準備頂きますが、翻訳代等の費用は当面無料にて対応致します(掲載をお断りさせて頂く場合もあり)。

今後越境ECで販売を伸ばして行くためには、単なるECサイトだけでは不十分で、それを補完するような商品説明、動画の重要性がより高まっていくものと思われます。

お気軽にお問い合わせ下さいませ。